包茎手術を受けて変化したこと

悩みを解消 | by admin

包茎を気にする男性は、ペニスを見られることに抵抗を感じています。
手術治療をして感じられる一番の変化は、裸を見られる恥ずかしさが軽減することです。
銭湯に行けば、同性に裸を見られることでしょう。
仲間同士ならば股間など隠さないはずです。
むしろ隠してしまうと、ペニスに自信がないと思われてしまうでしょう。
包茎が治ると、性行為にも自信が持てるようになります。
ペニスが包皮に包まれていると、どうしても未熟なペニスに見えてしまうものです。
子どものペニスを連想してしまう男性も多いようです。
手術をして亀頭が露出すると、性行為が楽しくなってテクニックも上達してくるものです。
早漏が治ったという男性も多いです。
ほかにも、亀頭が露出することで、ペニスがワンサイズ以上も大きくなったという声が聞かれています。
男性にとって包茎手術は、まさしく大きなコンプレックスの解消なのです。
自分に自信がないという男性は、実はペニスに自信がないのかもしれません。

恥垢は病気を引き起こします

包茎について知る | by admin

恥垢というのは、包皮と亀頭の間へ溜まる垢です。
これは、雑菌が住み易い場所となってます。
性感染症も引き起こすし、命を脅かすエイズウィルスの感染源となる、こういう研究結果も出てるぐらいなんです。
そして、発生し易い病気には、亀頭包皮炎があります。
この病気は、亀頭という陰茎の先の部分、膨らんでるところが腫れ上がる病気なんです。
包皮炎を何度も発症させてると、亀頭を覆ってる包皮の余分な皮が次第に硬くなって行きます。
そうすると、仕舞いには閉塞性乾燥性亀頭炎という、病気へと発展するんです。
こうなると、真性包茎のように亀頭がすっぽりと、包皮で覆われてしまうこととなります。
ゴワゴワと乾いてしまってる肌触りなので、そのままでは性交渉も出来ないでしょう。
そのため、炎症を頻繁に起こす前に治療した方が良いんですが、閉塞性乾燥性亀頭炎となってしまった場合は、健康保険を使った治療が出来ます。
尚、保険が適応されれば、得だと考えてはいけません。
その間は苦しまなければならないので、早い内に治療した方が得でしょう。

仮性包茎であることの悩み

包茎について知る | by admin

包茎には仮性、真性そしてカントンの3種類がありますが、比較的症状が軽くて生活に支障がないとされる、仮性であっても悩みは多いことでしょう。
まずは見た目の醜さです。
仮性とは言え通常時は、亀頭が包皮に覆われているために、子供のペニスと変わらない形状をしています。
ですので公衆浴場、温泉やサウナなどに行った際には、きっと恥ずかしい思いや気まずい思いをされるでしょう。
タオルで前を隠したり、出来るだけ人目につかないように対処されるでしょうし、あらかじめ包皮をめくっておいたりするなど、気を遣う方も多いはずです。
仮性の方の悩みは、見た目のマイナスポイントだけには尽きません。
常時亀頭が包皮に覆われているために、外部刺激に対しては非常に弱くて、早漏の方が多くて、なかなか思い通りのセックスが出来ないことに、悩みを持っている方も多いでしょう。
これが包茎で無ければ、亀頭が鍛えられますので、早漏に悩むこともなく、思い通りのセックスが出来るはずですので、大きな快感が得られ、楽しい生活が送れます。

包茎で悩んでいる方に

悩みを解消 | by admin

包茎の悩みで悩んでる方は意外に多いです。
勃起後も皮に包まれている真性の方は少ないですが、勃起前は皮に包まれているけれど、勃起後は皮が亀頭からきちんと出る仮性の方は何と日本人の8割もいらっしゃるってご存知でしたか。
そのためそれほど恥ずべき問題ではないのです。
仮性の方は特に勃起時に問題があるわけでもないので、手術する必要はないですが、真性の場合は、性交渉の際女性の膣内を傷つけやすくなったり、射精した精液が自分の包皮の中にに発射されてしまい、女性の膣に精液が入りにくく、妊娠をさせにくいというような問題が考えられますのでできれば早急に手術をした方がよいです。
泌尿器科で、手術を行う事が可能です。
もし真性包茎で悩まれている場合は、保険適用で手術ができますから医療費も安心です。
包茎の悩みは、誰にでもある悩みですから、恥ずかしがらず積極的に結婚を考える前には是非解決しましょう。
それは貴方だけの問題だけでなく、彼女や奥さん、つまりパートナーの為にもなりますよ。